×

JR東日本,ローカル線への導入を目指した新たな列車制御システムを開発
〜八高線で走行試験を実施〜

JR東日本,ローカル線への導入を目指した新たな列車制御システムを開発

JR東日本は,今後のローカル線への導入を目指して開発を進めている新たな列車制御システムについて,概要を発表した.

 今回開発が進められている新しい列車制御システムは,GPSやみちびき(準天頂衛星:QZSS)などの衛星を用いた位置測位システムであるGNSS(Global Navigation Satellite System/全地球航法衛星システム)と,携帯無線通信網を活用するもの.踏切制御機能と列車の速度制御機能に,最新のICT技術と汎用技術を活用するシステムは世界初のものとなる.このシステムにより,列車運行の安全性向上と,列車制御システムの大幅なスリム化を同時に実現することができ,ローカル線への導入・展開を目指して開発が進められる.

JR東日本,ローカル線への導入を目指した新たな列車制御システムを開発

 今回は,新しい踏切制御について,2020(令和2)年9月から2021(令和3)年1月まで,八高線 高崎—高麗川間で走行試験が行なわれる.現在の踏切は,列車の位置を検知する地上装置と,情報伝送用のケーブルや異常を知らせる信号機など,多くの地上設備により構成されている.今回,試験が行なわれる踏切制御機能は,GNSSにより列車の位置を車上で把握し,列車と地上設備間の伝送装置に携帯無線通信網を活用するもので,最小限の地上設備により踏切制御を実現する.踏切で異常が発生した場合には,無線通信により列車を自動的に停止させることで,衝突事故などを防止し安全性の向上を図る.今回の走行試験では,実用化に向けて,無線伝送の安定性とGNSSによる位置測位の精度の確認を行なうとともに,システム動作の安全性を検証し,2024(令和6)年度の導入を目指す.
 なお,列車の速度制御機能については2021(令和3)年度に試験が行なわれる予定.

写真はいずれもJR東日本のニュースリリースから