×

JR九州・佐川急便,九州新幹線での貨客混載事業を検討へ

JR九州800系1000番台

写真:JR九州800系1000番台  川内新幹線車両センターにて  2009-8-6  編集部撮影(取材協力:JR九州)

JR九州と佐川急便は, 宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ貨客混載事業の協業に関する基本合意に至ったと発表した.

JR九州・佐川急便,九州新幹線での貨客混載事業を検討へ

 佐川急便では,九州地域内での集配効率を高めるために列車を使用した貨客混載事業の可能性を模索しており,JR九州としても,九州新幹線車内の余剰スペース(業務用室)を有効活用して収入に繋げることができるとし,両社で取り組むこととした.
 輸送については,佐川急便福岡営業所から宅配便荷物を収納した専用ボックスを博多駅へ運搬し,九州新幹線に積み込む.九州新幹線では車内の余剰スペース(業務用室)へ専用ボックスを積載して鹿児島中央駅まで輸送する.鹿児島中央駅到着後は,佐川急便の担当者が引き継ぎ,鹿児島営業所まで運搬する.
 今後は,事業実施に向け実証実験などを行なうが実施時期は未定としている.

特記以外の画像はJR九州提供