宇都宮ライトレールなど
宇都宮地域の地域連携ICカード名称は「totra」に

access_time
2020年8月29日掲載
宇都宮地域の地域連携ICカード名称は「totra」に

宇都宮ライトレール・関東自動車・ジェイアールバス関東で構成する「宇都宮ICカード導入検討協議会」と宇都宮市・芳賀町では,2021(令和3)年春にサービスを開始する宇都宮地域における地域連携ICカード名称を「totra(トトラ)」に決定したと発表した.

 カード名称の「totra」は,2020(令和2)年2月に実施された「新・交通系ICカード(地域連携ICカード)ネーミング選定キャンペーン」における3案のうち,最も投票数の多かった名称で,バス,LRT(ライトレールトランジット),鉄道などの公共交通機関を使用した移動が,よりスムーズ・快適になることを目指し,「総合的(total)に輸送(transportation)をつなぐICカード」として採用された.

宇都宮地域の地域連携ICカード名称は「totra」に

 カードデザインは車窓をイメージし,車窓=空のイメージからライトミントを採用.3つの曲線の連なりで表現される「O」は,それぞれバス・鉄道・LRTとし「つなぐ」を表現した.また「O」で使用されている3色は,関東自動車・ジェイアールバス関東・宇都宮ライトレールの交通網を表現しつつ,旅先で見る空や食べ物,触れ合う人々など,旅する人が感じる優しいトーンの色で構成し,親しみと未来を感じさせるロゴデザインと,「totra」という愛らしい響きとともに広く愛されるロゴとした.
 「totra」は,2021(令和3)年春から関東自動車の一般路線バス全線とジェイアールバス関東(栃木県内のみ)の一般路線バス全線,2022(令和4)年春に開業する宇都宮ライトレール全線でサービスを開始する.またカードにはJR東日本が提供する「Suica」としての機能に加え,地域側事業者の定期券を搭載できるほか,ポイント制度などの地域独自サービスを提供する.なお,サービス開始日や販売箇所など具体的な内容については,決まり次第発表される.
※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です.
※画像はいずれも宇都宮ライトレールのニュースリリースから