×

グリーンマックス,2020年12月の発売予定品を発表

グリーンマックス,2020年12月の発売予定品を発表

グリーンマックスは,2020(令和2)年12月の発売予定品を発表しました.

■秩父鉄道7500系ラッピングトレイン「彩色兼備」
 秩父鉄道7500系のうち,2019(令和元)年11月の「ちちてつサンクスフェスタ2019〜秩父鉄道 創立120周年」にあわせて登場したラッピングトレイン「彩色兼備」が製品化されます.
 車両番号,新ロゴマーク,前面ワンマン表示,前面ホーム検知装置は印刷済みで,優先席,ドアステッカーは新規製作の付属ステッカーからの選択式です.
 列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します.
 価格は,3両編成セット(動力付き)18500円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■京王8000系(8803編成・登場時・グレースカート)
■京王8000系(8703編成・登場時・グレースカート)
 京王8000系のうち,グレー色のスカートを装着し,菱形パンタグラフを搭載した登場時の4両編成と6両編成が製品化されます.
 車両番号,コーポレートマークは印刷済みで,種別・行先表示,弱冷房車,車椅子,優先席表示の各表記は新規製作の付属ステッカーからの選択式です.走行中はヘッドライト(電球色)・テールライト(赤色)・前面種別・行先表示(白色)が点灯します.
 セット構成と価格は,基本4両編成セット(動力付き)が21900円(税抜),増結用6両セット(動力なし)が27200円(税抜)となり,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.

■西武新2000系前期形(2045編成・ベンチレーター撤去後)
 西武2000系アルミ車のうち,前面貫通扉窓が大形化され,現在も菱形パンタグラフで残る前期形の2045編成(6両編成)が製品化されます.
 前面種別・行先(急行・西武新宿),車両番号,社紋,シンボルマーク(西武鉄道)は印刷済みとなります.避雷器は屋根パーツへの一体彫刻表現とし,列車無線アンテナ,ヒューズボックスはユーザ取付けです.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します(ライトON/OFFスイッチ付き).また,菱形パンタグラフはPT42L形が搭載されます.
 セット展開と価格は,6両編成セット(動力付き)26200円(税抜)で,動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.

グリーンマックス,2020年12月の発売予定品を発表

■京成3700形「創立110周年記念ミュージアムトレイン」
 京成3700形のうち,創立110周年の記念ヘッドマークが付いた「創立110周年 ミュージアムトレイン」が製品化されます.
 前面種別・行先表示(特急・成田空港),運行番号(A07),創立110周年記念ヘッドマーク,「Keisei」ロゴ,「KEISEI GROUP」マーク,車両番号は印刷済みで,側面種別・行先表示(特急・成田空港),優先席,携帯電話,弱冷房車,車椅子マーク,ベビーカーマークの各表記は新規製作の付属ステッカーからの選択式です.  列車無線アンテナはユーザ取付けで,走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します.また特典として,実車で車内ポスターとして掲出されていた写真がポストカード(6種類)として付属します.
 8両編成セット(動力付き)で,価格は36900円(税抜)です.動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■京成3400形「創立110周年記念ミュージアムトレイン」
 上記の3700形と同じく,京成3400形において,創立110周年の記念ヘッドマークが付いた「創立110周年 ミュージアムトレイン」が製品化されます.
 前面種別・行先表示(快速・佐倉),運行番号(59K),創立110周年記念ヘッドマーク,「Keisei」ロゴ,「KEISEI GROUP」マーク,車両番号は印刷済みで,側面種別・行先表示(快速・佐倉),優先席,携帯電話,弱冷房車,車椅子マーク,ベビーカーマークの各表記は,新規製作の付属ステッカーからの選択式です.
 列車無線アンテナはユーザ取付けで,走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色)が点灯します.また特典として,実車で車内ポスターとして掲出されていた写真がポストカード(6種類)として付属します(上記の京成3700形「創立110周年記念ミュージアムトレイン」セットのものとはデザインが異なります).
 8両編成セット(動力付き)で,価格は36900円(税抜)です.動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.

グリーンマックス,2020年12月の発売予定品を発表

■近鉄5200系更新車
 近鉄5200系の通常色編成が,コアレスモータ動力ユニット搭載として,リニューアルして製品化されます.
 車両番号,車椅子マーク,ベビーカーマークは印刷済みで,種別・行先表示(前面・側面:幕仕様)はの各表記は,新規製作の付属ステッカーからの選択式です.
 臭気抜きは屋根パーツへの一体彫刻表現とし,列車無線アンテナ,ヒューズボックス,前面貫通幌はユーザ取付けとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色),通過標識灯(電球色)が点灯します.なお,室内座席シートの色はエンジ色で再現されます.
 4両編成セット(動力付き)で,価格は21500円(税抜)です.動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
■近鉄5200系(更新車・2250系塗装)
 近鉄5200系において,かつての特急車2250系の塗色で活躍する5105編成が製品化されます.
 5105編成は,2014(平成26)年9月から「第3回近鉄エリアキャンペーン」の一環として,かつての特急車2250系に準じた黄色と紺色に塗装され,キャンペーンロゴが貼付されました.キャンペーン終了後にロゴは撤去されましたが,塗色はそのままで活躍しています.
 車両番号,車椅子マーク,ベビーカーマークは印刷済みで,種別・行先表示(前面・側面:幕仕様)はの各表記は,新規製作の付属ステッカーからの選択式です.
 臭気抜きは屋根パーツへの一体彫刻表現とし,列車無線アンテナ,ヒューズボックス,前面貫通幌はユーザ取付けとなります.走行中はヘッドライト(電球色),テールライト(赤色),通過標識灯(電球色)が点灯します.なお,室内座席シートの色はエンジ色で再現されます.
 4両編成セット(動力付き)で,価格は21500円(税抜)です.動力車にはフライホイール付きコアレスモータ動力が搭載されます.
※詳しくは,製品情報ページ(グリーンマックスWEBサイト,PDFファイル)をご覧ください.
※あわせて再生産される商品については,製品化決定速報のページをご覧ください.
※画像はいずれもグリーンマックス提供