×

キヤノン,「RF600mm F11 IS STM」・「RF800mm F11 IS STM」を7月30日に発売
エクステンダーも同時発売

access_time
2020年7月25日掲載
RF600mm F11 IS STM

▲6F800mm F11 IS STM

キヤノンは,「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として,超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」・「RF800mm F11 IS STM」と,これらにも対応する「RFレンズ」専用のエクステンダー「エクステンダー RF1.4×」・「エクステンダー RF2×」を2020(令和2)年7月30日(木)に発売します.

RF800mm F11 IS STM

▲RF800mm F11 IS STM

 今回発売される「RF600mm F11 IS STM」・「RF800mm F11 IS STM」は,これまでの超望遠レンズにはない特徴をそなえたモデルとなっています.沈胴構造を採用することで,「RF600mm F11 IS STM」は沈胴時約200mm(撮影時約270mm),「RF800mm F11 IS STM」は沈胴時約282mm(撮影時約352mm)というサイズを実現.絞り機構を省いたシンプルな絞り固定構造や,樹脂部品を使用することにより,重さも「RF600mm F11 IS STM」は質量約930g,「RF800mm F11 IS STM」は質量約1260gとなっており,高い機動性を実現しています.
 光学系には密着2層型回折光学素子を用いたDOレンズを採用し,望遠レンズに発生しやすい色収差をはじめとする諸収差を抑制し,優れた描画性能をもっており,「RF600mm F11 IS STM」は約5段,「RF800mm F11 IS STM」は約4段の手ブぶれ補正により手持ち撮影も可能です.F11というと暗いレンズという印象を持たれるかもしれませんが,撮像面の横約40%縦約60%の範囲でAF撮影を行なうことが可能です.
 いずれもオープン価格で,キヤノンオンラインショップでは,「RF600mm F11 IS STM」は8万8000円(税別),「RF800mm F11 IS STM」は11万3000円(税別)で販売されます.

「エクステンダー RF1.4×」・「エクステンダー RF2×」

▲(左)エクステンダー RF1.4×(右)エクステンダー RF2×

 同時に発売される「エクステンダー RF1.4×」・「エクステンダー RF2×」は,それぞれ焦点距離を1.4倍,2倍に伸ばすことが可能で,上記超望遠単焦点レンズ2種のほか,9月発売予定の「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」に対応しています.絞りは,「エクステンダー RF1.4×」では1段,「エクステンダー RF2×」では2段暗くなり,「RF600mm F11 IS STM」に試用する場合,「エクステンダー RF1.4×」ではF16,「エクステンダー RF2×」ではF22となります.「EOS R5」と「EOS R6」はF22までのAFに対応しています.光学ファインダーでは暗く見えてしまう絞り値ですが,電子ビューファインダーでは明るく見ることができ,撮影にストレスを感じることはないでしょう.
 いずれもオープン価格で,キヤノンオンラインショップでは,「エクステンダー RF1.4×」は6万3000円(税別),「エクステンダー RF2×」は7万5000円(税別)で販売されます.