×

キヤノン,「EOS R5」を7月30日に発売
8月下旬には「EOS R6」も発売

access_time
2020年7月25日掲載
「EOS R5」

キヤノンは,フルサイズミラーレスカメラの新製品として,「EOS R5」を2020(令和2)年7月30日(木)に,「EOS R6」を8月下旬に発売します.

 「EOS R5」は,その名のとおり「5」ブランドにふさわしい性能を持ったフルサイズミラーレスカメラです.イメージセンサは新開発の約4500万画素のフルサイズCMOSセンサを採用.映像エンジンは「EOS-1D X MrakⅢ」でも採用されている「DIGIC X」で,高解像度性能は「EOS」史上最高のものとなっています.
 連写性能は電子シャッター使用時には最高約20コマ/秒,メカシャッター使用時に最高約12コマ/秒の高速連写を,AF・AE追従撮影においても行なうことができます.カメラ内に5軸手ぶれ補正機構を搭載し,手ぶれ補正機構を搭載したRFレンズを装着した場合は,カメラとレンズそれぞれの手ぶれ補正を協調することにより,最大8.0段の補正を実現します.
 フルサイズレンズ交換式一眼カメラでは世界で初めて8K動画を内部記録することが可能で,動画としてだけでなく約3540万画素,最高約30コマ/秒の静止画連写機能としても使用することもできます.4K動画においては最高119.88fpsのハイフレーム記録が可能となっています.
 電子ダイヤルは,上面に2つ,背面に1つの3つとなり,RFレンズにあるコントロールリングとあわせて,よりスピーディーな操作を行なうことがきます.8K動画の記録などに記録に対応するため,メモリカードはCFexpressとSDのデュアルスロットとなっています.
 オープン価格で,キヤノンオンラインショップでは,46万円(税別)で販売されます.

「EOS R6」

8月下旬に発売される「EOS R6」は,「フルサイズミラーレスカメラの新標準」という位置づけのモデルです.ボディ内手ぶれ補正性能や連写性能など,多くの部分が「EOS R5」と共通となっています.
 イメージセンサは「EOS-1D X MrakⅢ」搭載のものをベースとした約2010万画素.常用最高ISO感度は「EOS R5」の51200に対し,「EOS R6」では102400となっています.動画は4Kでは最高60Pで記録可能です.「EOS R5」にはボディ上部に表示パネルがありますが, この「EOS R6」では,この部分に撮影モードを選択するダイヤルが設置されています.AF低輝度合焦限界はEOSシリーズ最高のEV-6.5で肉眼では見えないような状況でもAFを試用することができます.メモリカードはSDのデュアルスロットです.
 オープン価格で,キヤノンオンラインショップでは,30万5000円(税別)で販売されます.