×

JR西日本,「WEST EXPRESS 銀河」の運転を9月11日から開始

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」

写真:JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」  編集部撮影  吹田総合車両所にて  2020-1-25(取材協力:JR西日本)

JR西日本は,新型コロナウイルスの影響により運転開始を延期していた「WEST EXPRESS 銀河」について,2020(令和2)年9月11日(金)から運転を開始すると発表した.

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」1号車

▲1号車の車内

 運転期間は9月11日(金)から11月28日(土)までの月曜・水曜・金曜・土曜で,下り(京都→出雲市)が月曜・金曜出発,上り(出雲市→大阪)が水曜・土曜出発となる.また,12月以降は山陽方面の運転を予定し,運転計画が決まり次第発表される.
 運転開始にあたり,新型コロナウイルス感染症への対策として,空気清浄機の搭載・抗ウイルス・抗菌加工の実施や,自動換気装置による車内換気,消毒液の設置,飛沫感染防止パーテーションの設置を行なう.

JR西日本,「WEST EXPRESS 銀河」6号車

▲6号車の「プレミアルーム」

 きっぷの購入方法については当面の間,日本旅行が企画・実施する旅行商品に限定して発売する.商品の販売方法などは,8月1日(土)12時以降に,「WEST EXPRESS 銀河」特設WEBサイトからリンクする日本旅行の専用WEBサイトで発表される.
 「WEST EXPRESS 銀河」では,停車駅における特産品や特製弁当の販売など各種おもてなしを実施する.また,大阪で開催する観光イベントにあわせて,沿線エリアの特産品を車内フリースペースを活用して輸送する.
 なお,車内フリースペースでのイベントは当面の間実施を見合わせるほか,新型コロナウイルス感染症の今後の状況により,変更となる場合があるとしている.