×

東武,真岡鐵道C11 325を譲受へ
〜DE10 1109・スハフ14 501も運用開始〜

東武,真岡鐵道C11 325を譲受へ

東武鉄道は,栃木県真岡市の芳賀地区広域行政事務組合が所有し,真岡鐵道で運転されていたC11 325を譲受すると発表した.

 これは,C11 325の真岡鐵道での運転終了にともない行なわれた入札に東武鉄道が応札し,譲渡契約に関する手続きがまとまったもので,2020(令和2)年7月30日(木)に譲受することが決定した.
 東武鉄道では,2017(平成29)年8月から東武鬼怒川線で約半世紀ぶりの蒸気機関車の運転を実施しているが,今回の譲受により,蒸気機関車を複数機体制とする.あわせて,安定した通年運転により,多くの乗車機会を提供することで,日光・鬼怒川エリアの地域活性化をより一層図るとしている.
 C11 325は,2020(令和2)年12月に営業運転を開始する予定で,現在運転中のC11 207が検査などにより長期間運転できない場合でも,年間を通しての運転が可能になるほか,他線区でのイベント運転などの検討も可能となる.

東武,真岡鐵道C11 325を譲受へ

 また,C11 325の導入に先立ち,JR東日本から譲受したディーゼル機関車(DE10 1109)と,JR北海道から譲受した14系客車(スハフ14 501)の運用を2020(令和2)年8月から開始する.

東武,真岡鐵道C11 325を譲受へ

 これにより,2編成体制での運転が可能となり,土休日を中心に最大4往復8本すべて蒸気機関車けん引での運転も可能となる(現在,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から2往復4本のみ運転).

東武,真岡鐵道C11 325を譲受へ

 蒸気機関車の日常点検などを行なう下今市SL機関庫については,新たに1番線を増築し,蒸気機関車2両に対応できる施設に改修した.機関庫内部には,車両の床下を点検するピット線や,車両部品や機器のつり上げが可能なクレーンが設置されたほか,側面をガラス張りとしたことで,蒸気機関車が運転されない日にも点検や整備風景を見ることができる.
 なお,日本鉄道保存協会から譲受し,2020(令和2)年冬の復元完成を目指していたC11 1については,修繕や新規に部品を作製する個所が想定よりも多いことに加え,新型コロナウイルスの影響により復元工程が遅れていることから,完成予定が2021(令和3)年冬に延期されている.

画像はすべて東武鉄道のニュースリリースから