×

“瀬戸大橋アンパンマントロッコ”が今シーズンの運転を開始

access_time
2020年7月12日掲載
“瀬戸大橋アンパンマントロッコ”が今シーズンの運転を開始

JR四国では,2020(令和2)年7月11日(土)から,高松運転所所属のキロ185-26+キクハ32-502を使用した“瀬戸大橋アンパンマントロッコ”の,今シーズンの運転が開始されました.
 この列車は,新型コロナウイルス感染拡大予防策の実施にともない,春季運転が中止され,運休となっていました.運転開始初日は,高松において,利用客を対象にした記念撮影や,車内では,子供たちにアンパンマングッズの配布など,イベントが実施されたようです.写真は,途中停車駅である善通寺において,特急“南風”9号を退避している場面です.

写真:善通寺にて 2020-7-11
投稿:志摩 敬