×

高山本線の一部区間で運転が再開される

access_time
2020年7月12日掲載
高山本線の一部区間で運転が再開される

JR東海では,2020(令和2)年7月7日(火)~8日(水)に降り続いた大雨の影響により運転を見合わせていた,高山本線下麻生—猪谷間のうち,下麻生—下呂・高山—猪谷間の運転が,7月11日(土)から再開されました.
 飛騨金山・下呂駅にて抑止となった車両は名古屋車両区と美濃太田車両区へ,打保・猪谷駅にて抑止となった車両は高山駅へ,それぞれ7月10日(金)に自力回送されています.
 11日(土)は,特急列車がすべて運休となり,当分の間は普通列車のみの運転となるようです.また,下呂—高山間では複数個所での土砂流入や,並行する国道41号でも道路崩落による通行止めが発生しており,代行バス輸送や全線での運転再開までにはしばらく時間がかかるようです.

写真:(白川口—)飛水峡(信)—上麻生間にて 2020-7-11
投稿:堀江 亮