×

東京メトロ,WEBサービス「スムーズメトロ」を開始

access_time
2020年7月6日掲載
東京メトロ,WEBサービス「スムーズメトロ」を開始

東京地下鉄(東京メトロ)では,2020(令和2)年7月8日(水)から,スマートフォン向けWEBサービス「スムーズメトロ」を開始すると発表した.

 これは,駅構内のバリアフリー移動経路やホームと車両床面の段差・隙間,車いす対応トイレなどに関する情報を分かりやすく案内するもので,サービスは車いす利用者のみならず,身体の不自由な方や高齢者などをはじめ,すべての利用者を対象としたもの.
 これまでも東京メトロでは,エレベータなどの設置を進めるとともに,ホームと車両床面の段差・隙間の縮小などのバリアフリー設備整備を進めるとともに,駅構内のバリアフリー移動経路やホームベンチの有無などについて,駅単位で検索できるWEBサービス「ベビーメトロ」の提供や,2019(令和元)年8月に国土交通省から車いす利用者などが乗降しやすいホームと車両の段差と隙間の目安値(以下:目安値)が示されたことを踏まえ,目安値を満たす乗降口についてWEBサイト上で公表するなど,バリアフリー情報の提供強化を図っている.

東京メトロ,WEBサービス「スムーズメトロ」を開始

 「スムーズメトロ」では,トップ画面から利用駅などを検索すると,駅構内で車いす利用者などがエレベータやスロープのみで無理なく移動できる「バリアフリー移動経路」の状況や,目安値を満たす乗降口,車いす対応トイレに関する情報などを満たしている度合いにより「◎」,「〇」,「△」,「×」の4段階で表示する.
 また,駅ごとにエレベータの利用や乗換えに最適な乗車位置が分かる「乗車位置案内」や,車いすスペースがある車両について,ホームと車両床面の段差・隙間が目安値を満たしている箇所を矢印で表示するほか,ドロップピンでエレベータの位置を示した周辺地図を表示し,ドロップピンをタップするとエレベータ最寄りの出口番号などの案内を行なう.さらに,駅全体の構造が分かる構内図にバリアフリー移動経路,駅係員の対応で移動できるルートと車いす対応トイレを表示する.
 サービス利用料は無料で,通信料のみ利用者の負担となる.対応OSは,iOS バージョン12以上,Android バージョン7以上となる.
 今後は「東京メトロアプリ」リニューアルにあわせて,経路検索結果からご利用駅の「スムーズメトロ」ページを確認できるようにするなど,東京メトロが進める大都市型MaaS「my! 東京 MaaS」とも連携し,東京における「移動のしやすさ」を追求するとしている.

画像はすべて東京メトロ提供