×

新京成,4駅の構内にモバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」を設置

access_time
2020年7月4日掲載
新京成,4駅の構内にモバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」を設置

▲レンタルされるモバイルバッテリー

新京成電鉄と株式会社INFORICHは,新京成線の駅構内にモバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」を設置し,順次サービスを開始すると発表した.

新京成,4駅の構内にモバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」を設置

▲駅での設置イメージ

 「ChargeSPOT」は,日本初のモバイルバッテリーレンタルサービスで,「どこでも借りられて,どこでも返せる」をコンセプトに,2018(平成30)年4月からサービスを開始.全国の駅・空港をはじめとする公共施設や,商業施設・飲食店・コンビニなどを中心に設置場所を拡大しており,スマートフォンが世界的に普及している中,新京成電鉄においても利便性の向上を目的にサービスを実施する.
 利用方法は,専用アプリのインストール・アカウント登録後,バッテリースタンドに表示されているQRコードを,専用アプリ内のカメラで読み込むことでモバイルバッテリーを借りることができる.また返却時は借りた時とは別のバッテリースタンドに返却することも可能.なお「ChargeSPOT」は,他社線の接続駅である松戸・八柱・新鎌ヶ谷・北習志野の4駅で,改札外コンコース設置される.利用時間は,午前5時から午前0時までとなる.
 料金は,レンタル開始から48時間以内が税抜300円,1時間未満は150円で,支払いは専用アプリやLINEなどのキャッシュレス決済となる.今後はさらに設置場所の拡大を検討するとしている.

写真はすべて新京成電鉄提供