×

JR九州,豊肥本線全線開通にともなう特急列車の運行体系を決定

JR九州キハ183系1000番台

写真:JR九州キハ183系1000番台  松本洋一撮影  博多にて  2011-5-29(取材協力:JR九州)

JR九州は,「平成28年熊本地震」の影響で不通となっている豊肥本線(肥後大津—阿蘇間)について,2020(令和2)年8月8日(土)の全線開通にともなう特急列車の運行体系が決定したと発表した.

 土休日を中心に運転する特急“あそぼーい!”については,運転区間を不通前の熊本—阿蘇・宮地間から,熊本—大分・別府間に変更する.なお,土休日以外については,特急“九州横断特急”(71号・74号)として運転する.
 特急“九州横断特急”は,これまでどおり熊本—大分・別府間での運転とし,3号・2号の1往復を毎日運転する.このほか,特急“あそ”を熊本—阿蘇・宮地間に新設する.
 なお,普通列車の時刻については現在計画中とし,7月20日(月)に発売予定の「JR時刻表8月号」などで発表される.