×

JR東日本,武蔵野線 東所沢駅をリニューアル

access_time
2020年6月13日掲載
JR東日本,武蔵野線 東所沢駅をリニューアル

▲駅舎外観イメージ図

JR東日本八王子支社は,武蔵野線 東所沢駅をリニューアルすると発表した.

 これは,東所沢駅付近で進められている所沢市とKADOKAWAの共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST 構想」にもとづく「ところざわサクラタウン」をはじめとした各種整備に連動して実施するもので,駅舎前面や駅舎内部コンコースのデザインを一新する.
 駅舎は,顔となる前面部分を中心にデザインを一新する.今後,文化発信拠点への玄関口になることから,木と文化の融合として「本+本棚」をイメージした外観デザインとする.
 また,駅名標,照明などを新たに整備することで駅の視認性を向上させるほか,現在設置されている日よけを緑化日よけに変更し,緑と調和したまちづくりに貢献するとしている.

JR東日本,武蔵野線 東所沢駅をリニューアル

▲駅舎内観イメージ図

 駅舎内部コンコースについては,東所沢駅が武蔵野台地のほぼ中央に位置することから,「武蔵の樹木(木立)」を意識したデザイン構成とする.また,木調素材などを各所に配置し,老朽化した床や誘導・警告ブロックの更新や案内サイン・旅客トイレ前面デザインの見直しにより,より分かりやすい,使いやすい駅舎を目指す.

JR東日本,武蔵野線 東所沢駅をリニューアル

▲旅客トイレ壁面グラフィック展開図

 今後は,駅舎前面のリニューアルを先行して進め,2020(令和2)年11月ごろの完成を予定している.その後も2020(令和2)年末までに,駅舎内部コンコースのリニューアル工事を継続し,順次使用開始する.

画像はすべてJR東日本八王子支社のニュースリリースから
※現時点でのイメージであり,実際と異なる場合があります.