×

“THライナー”が運転を開始

access_time
2020年6月6日掲載
“THライナー”が運転を開始

2020(令和2)年6月6日(土),東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・東京メトロ日比谷線を直通する座席指定制列車“THライナー”の運転が開始された.
 この運転開始を記念して,同日,久喜駅で“THライナー”4号の発車に合わせて報道陣向けの記念式典が行なわれている.

 “THライナー”は,座席の向きを転換することが可能な70090形車両を使用し,平日・土休日ともに上り久喜発恵比寿行きが2本,下り霞ケ関発久喜行きが5本運転される.停車駅は,東武伊勢崎線内が久喜,東武動物公園,春日部,せんげん台,新越谷,東京メトロ日比谷線内が上野,秋葉原,茅場町,銀座,霞ケ関,虎ノ門ヒルズ,神谷町,六本木,広尾,恵比寿となる.
 上り列車では,東武線内は乗車のみ可能で,日比谷線内,上野から銀座までは降車のみ可能,霞ケ関から恵比寿まではフリー乗降区間となる.下り列車は,日比谷線内は乗車のみ,東武線内は降車のみでフリー乗降区間は設定されていない.座席指定料金は久喜—霞ケ関間が大人680円,小児350円,せんげん台—霞ケ関間が大人580円,小児300円などとなっている.

写真:編集部撮影(取材協力:東武鉄道)