×

JR東日本,房総・鹿島エリアにE131系を導入

JR東日本,房総・鹿島エリアにE131系を導入

JR東日本は,房総・鹿島エリアにE131系を導入すると発表した.

 E131系が導入されるのは,内房線の木更津—安房鴨川間,外房線の上総一ノ宮—安房鴨川間,鹿島線の佐原—鹿島神宮間で,現在は209系が運用されている.
 車両のデザインは,優雅で生命感のある房総の海をイメージした明るい青色と,内陸を彩る菜の花の色をイメージした黄色の帯を配置し,前面については房総の海の波しぶきをイメージした水玉模様とする.

JR東日本,房総・鹿島エリアにE131系を導入

 車体は2950mmの拡幅車体を採用し,車内は,腰掛の一部をセミクロスシート配置とし,座席幅は460mmと209系よりも10mm拡大する.また,車いすやベビーカー利用者向けのフリースペース,車いす対応大形洋式トイレを設置するなど,バリアフリー化を推進する.一部のドア上部には,案内表示画面(17インチ)を設置し,運行情報を提供する.
 各車両の客室に車内防犯カメラを設置し,非常通話装置についても既存車両と比較して1両につき4ヵ所に増やし,セキュリティ面の強化が図られる.また,車両側面にカメラを設置し,乗務員が運転台から乗客の乗降を確認する機能など,ワンマン運転に対応した機器が搭載される.
 主回路機器はSiC(炭化ケイ素)半導体素子を採用し,消費電力の低減する.また,モニタリング技術を活用した車両搭載機器や線路設備の状態監視機能により,故障の予兆を把握し,事前に対処することで安全性・安定性を向上させる.

 E131系は,2両編成12本が新造され,2021(令和3)年春から営業運転を開始する予定.

写真はいずれもJR東日本のニュースリリース