×

JR東日本,5月28日以降の各新幹線と中央本線・常磐線特急の減便を発表

JR東日本 E5系量産車

写真:JR東日本E5系量産車  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2010-12-14 (取材協力:JR東日本)

JR東日本では,新形コロナウイルス感染症の拡大による著しい列車の利用低下を踏まえ,2020(令和2)年5月28日(木)以降,各新幹線と中央本線・常磐線特急の運転本数を減便すると発表した.

 新幹線で対象となるのは,東北・北海道新幹線の“はやぶさ”・“はやて”・“やまびこ”・“なすの”,秋田新幹線の“こまち”,山形新幹線の“つばさ”,上越新幹線の“とき”・“たにがわ”・“Maxとき”・“Maxたにがわ”,北陸新幹線の“かがやき”・“はくたか”・“あさま”の各列車.

JR東日本E353系

写真:JR東日本E353系  編集部撮影  豊田車両センターにて  2015-8-23(取材協力:JR東日本)

 また,在来線特急は,中央本線の特急“あずさ”・“かいじ”・“富士回遊”,常磐線の特急“ひたち”・“ときわ”が対象となる.
 いずれも,首都圏の通勤通学での利用が多い列車を除き,列車の本数を通常時から2~5割程度減らすこととし,具体的な運転計画や発売開始日については,5月中旬に発表される予定.