×

東武伊勢崎線北越谷駅1番ホームで6月7日からホームドアの使用を開始

東武伊勢崎線北越谷駅1番ホームで6月7日からホームドアの使用を開始

東武鉄道は,伊勢崎線(東武スカイツリーライン)北越谷駅1番ホーム(上り急行線)で,2020(令和2)年6月7日(日)の初列車からホームドアの使用を開始すると発表した.

 ホームドアは,ホームでの安全性およびバリアフリー化の向上を目的に設置するもので,設置工事を2020(令和2)年4月25日(土)から開始する.なお2番・3番ホーム(上下緩行線),4番ホーム(下り急行線)についても順次,使用を開始する.
 東武鉄道では東京メトロとともに,東武線・東京メトロ日比谷線相互直通運転区間のホームドア導入に向け,これまで混在していた3扉車両と5扉車両(18m・8両編成)をすべて4扉車両(20m・7両編成)に統一した.今後は2020(令和2)年度末までにさらに2駅,2021(令和3)年度以降も,とくに1日の利用者数が多い区間および駅(すでに設置済みの駅を含め,合計40駅)にホームドアが設置される予定となっている.

写真:北越谷駅ホームドアのイメージ(東武鉄道ニュースリリースから)