×

箱根登山鉄道,箱根湯本—強羅間の運転再開見込みを7月下旬ごろに前倒し

access_time
2020年3月28日掲載
箱根登山鉄道3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」

写真:箱根登山鉄道3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」  編集部撮影  入生田検車区にて  2014-4-14(取材協力:箱根登山鉄道)

箱根登山鉄道は2019(令和元)年の台風19号による被害により,現在も不通区間となっている鉄道線の箱根湯本—強羅間について,運転再開予定時期を2020(令和2)年7月下旬に前倒しすると発表した.
 運転再開予定時期については,当初2020年秋ごろと発表していたが,沿線の理解や協力により工事の施工時間を可能な限り延長できたことや,降雪や凍結など冬季工事特有の支障が少なかったことなどから,7月下旬に前倒しすることとなった.
 なお,具体的な運転再開日などについては,決まり次第発表される.