×

伊賀鉄道,4月5日から比土駅に副駅名<バンブー・ボルダリング前>を導入

access_time
2020年3月28日掲載
伊賀鉄道,4月5日から比土駅に副駅名<バンブー・ボルダリング前>を導入

伊賀鉄道とバンブー・ボルダリングは,2020(令和2)年4月5日(日)から,比土(ひど)駅に副駅名称<バンブー・ボルダリング前>を導入すると発表した.
 これは,比土駅南側に立地するボルダリング施設である「バンブー・ボルダリング」が,その立地を活かして「ボルダリング競技の周知と来店者の増加につなげたい」との思いから,同駅のネーミングライツについて立候補し,両者で協議を進め今回の合意に至った.
 個人経営の店舗によるネーミングライツや,副駅名へのロゴマークの表示とも,伊賀鉄道では初の取組となる.また,副駅名として沿線企業や商業施設の名称を表示し,伊賀鉄道の広告収入として契約料を得る取組は,四十九駅,茅町駅に続き3例目となる.
 副名称は駅舎・ホームの駅名標のほか伊賀線各駅の運賃表,路線案内図,ワンマン列車利用方法案内図に標記する.なお,使用開始日となる4月5日(日)には,比土駅ホームで駅名標の除幕式が開催される.

写真提供:伊賀鉄道