×

樽見鉄道,「プラレール」の全面ラッピング車両を運転

access_time
2020年3月28日掲載
樽見鉄道,「プラレール」の全面ラッピング車両を運転

樽見鉄道では,2020(令和2)年3月28日(土)から「プラレール」の全面ラッピング車両が運転されている.
 これは,樽見鉄道が子どもやファミリーで楽しめる列車を作りたいという思いから,タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」とのコラボレーション企画第1弾として実施するもので,ハイモ295-315号に「プラレール」の全面ラッピングを実施する.また,前面には「プラレール」のキャラクター「てっちゃん」がデザインされたヘッドマークを掲出する.
 ラッピング列車は,2022(令和4)年3月末まで運転される予定で,2020(令和2)年夏ごろには,コラボレーション第2弾として子ども向けのプラレールイベントの実施も予定されている(新型コロナウイルスの状況を考慮しながら実施).
© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です.

写真:樽見鉄道のニュースリリースから