×

京阪大津線で「1200年、未来に向けた物語」をテーマにした ラッピング電車を運転

access_time
2020年3月26日掲載
京阪大津線で「1200年、未来に向けた物語」をテーマにした ラッピング電車を運転

京阪ホールディングスは,伝教大師最澄1200年魅力交流委員会の取組である大学コラボプロジェクトと協力し,2020(令和2)年4月2日(木)から「1200年,未来に向けた物語」をテーマにしたラッピング電車を京阪大津線で運転すると発表した.
 この企画は,不滅の法灯全国行脚「分灯式」をはじめとする伝教大師最澄1200年魅力交流の活動について,伝教大師生誕の地である坂本(大津市)をはじめ,地元の方々への認知を促進するもので,さまざまな取組を創出する大学コラボプロジェクトの一環として,参加学生からの提案を受けたことを機に実現した.
 デザインのテーマは「1200年,未来に向けた物語」で,1200年灯し続けられている不滅の法灯をイメージした灯火に,未来に向けた活力,人と人との交流から生まれるやさしさなどを花々の彩りで表現.また,過去から現在,そして未来に向けてひとり一人の心の灯により描かれた時空の流れが集まるようすも表現した.
 ラッピングは,600形1編成(611-612号車)に実施され,7月31日(土)までの間,石山坂本線(石山寺—坂本比叡山口間)で運転される予定.さらにラッピング電車の車内では不定期イベントとして,大学コラボプロジェクト参加学生が坂本のまちで地域交流に取り組んだようすの写真ポスターも掲出される.

画像:京阪ホールディングス提供