×

広島電鉄,4月6日にダイヤ改正を実施

access_time
2020年3月25日掲載
広島電鉄 5200形

写真:広島電鉄5200形  松本洋一撮影  荒手車庫にて  2019-3-14(取材協力:広島電鉄)

広島電鉄では,2020(令和2)年4月6日(月)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 市内線では,1号線(広島駅—紙屋町東—広島港)の土曜日・日祝日ダイヤのうち,早朝深夜帯を除く時間帯において,すべて連接車で運転を行なうことで利便性の向上を図る.3号線(広電西広島—紙屋町西—広島港)では,平日・土曜・日祝日ダイヤのうち,深夜時間帯(広島港21:15発以降)の運転間隔を15分から20分に変更する.8号線(横川駅—江波)では,平日・土曜・日祝日ダイヤのうち,江波発10時台から14時台の運転間隔を12分から14分に変更する.
 宮島線(2号線:広島—紙屋町東—広島港)の平日ダイヤでは,利用実態に応じ広電宮島口7:31発広電本社前行きを日赤病院前行きに変更するほか,広島駅9:07発広電宮島口行きを広島駅9:05発広電西広島行きに変更する.また日祝日ダイヤでは,早朝時間帯の利用実態に応じ,商工センター入口6:44発広電廿日市行きと広電廿日市6:57発広島駅行きの運転を取り止める.
 このほか,車両渋滞対策や利用実態に応じて,一部の時間帯で運行間隔の調整・運転本数の減便を行なう.なお,今回のダイヤ改正において,始発電停での始終発時刻の変更は行なわない.