ゆいレール,3月10日から「Suica」の利用が可能に

沖縄都市モノレール

写真:沖縄都市モノレール railf.jp編集部撮影  赤嶺にて  2007-2-3

沖縄都市モノレール(ゆいレール)では,2020(令和2)年3月10日(火)から,JR東日本が展開する交通系ICカード「Suica」のサービスを開始すると発表した.  ゆいレールでは,これまでに独自の交通系ICカード「OKICA」のサービスを展開していたが,訪日外国人をはじめとする観光客の利便性向上を目的に,「Suica」の導入に向け,JR東日本と協議が進められてきた.
 「Suica」での利用については,ゆいレール線内での利用のほか,ゆいレール窓口(全駅)と一部駅に設置のチャージ機で,チャージや残額不足時の精算が可能.また「モバイルSuica」やクレジット機能付きSuicaも利用できる.あわせて,「Suica」と相互利用可能な交通系ICカード9種(Kitaca,PASMO,manaca(マナカ),TOICA,PiTaPa,ICOCA,はやかけん,nimoca,SUGOCA)の利用も可能となる.
 ただし,「Suica」の販売や定期券機能の付与,券売機でのQR乗車券購入,「OKICA」からのポイント・チャージ金載せ替えなどの一部サービスは行なわない.