×

近鉄,主要6駅でAIを活用したデジタルサイネージの実証実験を実施

近鉄,主要6駅でAIを活用したデジタルサイネージの実証実験を実施

近畿日本鉄道は,2020(令和2)年2月28日(金)から4月24日(金)までの間,大阪難波・近鉄日本橋・近鉄奈良・近鉄名古屋・宇治山田・五十鈴川の6駅でAIを活用したデジタルサイネージによる,利用客案内の実証実験を実施すると発表した.

近鉄,主要6駅でAIを活用したデジタルサイネージの実証実験を実施

 今回の実証実験は,多様化する利用客のニーズへの対応,増加するインバウンドに対する多言語での案内の必要性など,駅での案内サービスを充実させるためとし,AIを活用した案内用デジタルサイネージを上記主要駅に設置.サービスを提供する5社(ティファナ・ドットコム,JR東日本情報システム,ヴァル研究所,インクリメントP,リクルートライフスタイル)と協力し,「乗換案内」,「駅構内や駅周辺の案内」,「よくあるお問い合わせへの回答」などを多言語(日・英・中・韓の4ヵ国語)で行ない,問合せに対して適切な回答(案内)ができているかを検証する.
 また,利用客からのさまざまな質問内容をAIに学習させることでAIを育て,さらに回答精度を向上させ,より充実した案内サービスを目指すとしている.

画像はいずれも近畿日本鉄道提供