×

東京メトロ・東京都交通局,3月14日から九段下駅3線共通改札口の供用を開始

東京メトロ・東京都交通局,3月14日から九段下駅3線共通改札口の供用を開始

東京地下鉄(東京メトロ)と東京都交通局では,2020(令和2)年3月14日(土)から,九段下駅の3線共通改札口の供用を開始すると発表した.

東京メトロ・東京都交通局,3月14日から九段下駅3線共通改札口の供用を開始

 これは,九段下駅が「東京2020 オリンピック・パラリンピック」大会の会場最寄り駅のひとつであることや,同駅で接続する東京メトロ東西線・半蔵門線と都営新宿線との乗換え利便性向上を目指し,サービス一体化の取組の一環として,2017(平成29)年10月から工事を進めてきたもの.
 3線共通改札口は,現在地下3階に設置されている既存の改札口4ヵ所(半蔵門線・新宿線)を撤去.あわせて地下2階の改札口2ヵ所(東西線)を移設し,共通の改札口を設置した.これにより改札口を出ることなく,東西線と半蔵門線,新宿線との乗換えが可能となる.

東京メトロ・東京都交通局,3月14日から九段下駅3線共通改札口の供用を開始

 また3月28日(土)からは,靖国神社・武道館方面側の地下4階(半蔵門線・新宿線ホーム)から地下2階(東西線ホーム及び改札口)までを結ぶ乗換えエレベータ(20名乗り)3基についても稼働を開始する.これにより,東西線(中野方面)と半蔵門線,新宿線との乗換えがスムーズになるとしている.

画像はすべて東京メトロ提供