×

JR東日本,3月14日からE233系0番台車内トイレの使用を開始

access_time
2020年2月14日掲載
E233系 JR東日本八王子支社では,2020(令和2)年3月14日(土)から,中央本線(東京—大月間)と青梅線(立川—青梅間)の一部列車の普通車において,車内トイレの使用を開始すると発表した.

E233系

 これは,車両基地などの改修工事が完了したことから実施するもので,同日からE233系0番台のうち,トイレ設置工事が完了している編成から順次,車内トイレの使用を開始する.車内トイレ設置位置は,E233系の4号車の5号車寄り1ヵ所とし,トイレは車椅子対応のユニバーサルデザインとなっている.
 なお,中央快速線などのすべての列車に車内トイレの設置が完了する時期は,2023(令和5)年度末の予定.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:JR東日本)