×

伊豆急8000系TA-7編成による団臨運転

access_time
2020年2月2日掲載
伊豆急8000系TA-7編成による団臨運転

伊豆急行では,2020(令和2)年2月1日(土),『伊豆急8000系赤帯ラッピング列車で行く なつかしの東急8000系を堪能する旅!』が開催されました.
 これは2019年11月から無塗装で運転されている8000系TA-7編成に,1日限りで前面に東急時代の前面の赤帯を再現して運転されたものです.
 当日,参加者は,伊豆急下田駅構内の留置線で開催された撮影会に参加したあと,伊豆急下田→伊豆高原間で団体臨時列車に乗車,伊豆高原電車区では2回目の撮影会に参加しました.伊豆高原では,横に8000系TB-2編成が並べられました.その後,伊豆高原→伊豆急下田間で再び団体臨時列車に乗車しました.
 団体臨時列車では,往路(伊豆急下田→伊豆高原間)は伊豆急下田方前面に「伊豆急下田」,伊豆高原方前面に「団体」,復路(伊豆高原→伊豆急下田間)は伊豆急下田方前面に「渋谷」,伊豆高原方前面に「急・桜木町」の方向幕がそれぞれ再現されました(側面はすべて「団体」表示).また,撮影会では,前面にサボ式の運行表示器が再現されたほか,東急時代のさまざまな正面幕が再現されました.

写真:伊豆急下田にて 2020-2-1
投稿:秋田 拓海