「ゆいレール」,DMMかりゆし水族館ラッピング車両第4弾の運転を開始

「ゆいレール」,DMMかりゆし水族館ラッピング車両第4弾の運転を開始

DMM RESORTS(ディーエムエム・リゾーツ)と沖縄都市モノレール(ゆいレール)は,DMMかりゆし水族館をモチーフにしたラッピング車両第4弾の運転を開始したと発表した.
 今回は,DMMかりゆし水族館の生き物たちが沖縄県各地に上陸しているようすを表現した.カワウソ・ペンギン・ハコフグを中心にさまざまな生き物たちも描かれており,3ヵ月後に迫った水族館オープンへの期待感を大きく表現した.なお,今回のラッピング車両の登場により,予定されていたすべてのラッピング車両(4編成)が揃うこととなる.
 「DMMかりゆし水族館」は,2020(令和2)年4月に沖縄県豊見城市のショッピングセンター内に開業予定で,「最新の映像表現と空間演出を駆使した,新しいカタチのエンタテイメント水族館」をメインテーマとし,沖縄地方を中心としたさまざまな海洋生物や動植物の展示をはじめ,商業施設内とは思えない開放的な空間演出を行なう水族館となる.

画像:DMM RESORTS提供