×

三岐鉄道北勢線200系の行先表示器に変化

access_time
2020年2月1日掲載
三岐鉄道北勢線200系の行先表示器に変化

三岐鉄道北勢線で活躍する200系K77編成について,2020(令和2)年1月31日(金),西桑名方先頭車である,クハ202の前面行先表示器の表示方(表示方法)が変更されていることが確認できました.
 従来使用されていた行先表示器部分は,白色一色となっており,行先が書かれたプレートが助士席側前面窓上部に掲出されています.
 なお,阿下喜方先頭車である,クモハ277の前面行先表示器は,従来どおりLED表示となっています.

写真:大泉—東員間にて 2020-1-31
投稿:志摩 敬