×

トミーテック,相模鉄道7000系を「鉄道コレクション」で製品化

access_time
2020年2月1日掲載
トミーテック,相模鉄道7000系を「鉄道コレクション」で製品化

▲「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」会場で展示された試作品.手塗品のため実際の商品とは異なります.

トミーテックは,「鉄道コレクションシリーズ」のうちオープンパッケージ商品の新製品として「相模鉄道7000系」の製品化を発表しました.

トミーテック,相模鉄道7000系を「鉄道コレクション」で製品化

▲「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」会場では,Nゲージで発売予定の12000系とともに展示されました.

 相模鉄道7000系は,1975(昭和50)年に登場.車体をアルミ製として,大幅な軽量化に成功したほか,新製時から冷房装置を搭載していた車両でした.その後,1986(昭和61)年からは,モデルチェンジ車である新7000系が登場しています.
 製品は,2019(令和元)年10月のイベントを最後に引退した7710Fがプロトタイプで,セット構成は,小スペースのレイアウトでも楽しめる4両セット(7710+7125+7126+7509)と,実車と同じくフル編成で楽しめる8両セット(7710+7125+7126+7505+7602+7107+7108+7509)が発売されます.

■相模鉄道7000系
スケール 1/150
※塗装組立済
内容・価格 ●相模鉄道7000系 8両セット...11600円(税抜)
●相模鉄道7000系 4両セット...6000円(税抜)
仕様 オープンパッケージ
発売予定 2020年7月
※価格・発売時期は変更となる場合があります.
ご案内 トミーテック「ジオコレ」WEBサイト