“SLもおか”で最後の重連運転

access_time
2019年11月24日掲載
“SLもおか”で最後の重連運転

真岡鐵道では,2019(令和元)年11月23日(土祝),“SLもおか”で最後の重連運転が実施されました.
 これは,C11 325が東武鉄道へ売却されることから,『ありがとうC11』企画の一環として実施されたものです.
 編成は,真岡→下館(回送)は,C11 325(逆向き)+50系客車×3両+C12 66,下館→茂木は,C11 325+C12 66(逆向き)+50系客車×3両,茂木→真岡は,C12 66+C11 325+50系客車×3両,真岡→下館は,C11 325+50系客車×3両+DE10 1535,下館→真岡は,DE10 1535+50系客車×3両+C11 325(逆向き)でした.
 下館駅,真岡駅,茂木駅では,「SL重連運転記念証」が販売されました.
 C11 325の真岡鐡道での最終運転は,12月1日(日)の予定となっています.

写真:茂木—天矢場間にて 2019-11-23
投稿:下條 友久