山手線で発車標の表示を変更

access_time
2019年11月21日掲載
上野

▲上野駅3番線 これまでのLEDの発車標で,表示内容が変更されています.

JR東日本では,グループ経営ビジョン「変革2027」において,利用客に提供する輸送サービスの質的変革を目指しており,その一環として,利用客が快適に感じられる利用環境の実現に取り組んでいます.

 今回,東京支社では駅のホーム上における列車の到着までの時間などの案内の充実を図るため,2019(令和元)年11月から順次,山手線全駅ホーム上の発車標において,列車が駅に到着するまでの時間「約○分後」の表示が開始され,列車到着までの時間が,よりわかりやすく案内されています.この表示変更は,2020(令和2)年7月までに山手線全駅(2020(令和2)年春開業予定の高輪ゲートウェイ駅を含む30駅)に予定されています.

巣鴨

▲駒込駅1番線 発車標がLCD化されましたが,これまでの発車時間を案内する表示となっています.

 また,ホーム上の発車標のLCD化(液晶ディスプレイ化)では,山手線をはじめとした東京支社管内の28駅において,ホーム上の発車標を従来のLED(発光ダイオード)からLCD(液晶ディスプレイ)に変更し,視認性の向上が順次進められています.

写真:2枚とも舛掛 尚則撮影