JR九州,787系によるD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020年秋から運転開始

JR九州,787系によるD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020年秋から運転開始

JR九州では,約3年半ぶりとなる新しいD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020(令和2)年秋から運転を開始すると発表した.

JR九州,787系によるD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020年秋から運転開始

 「九州のすべてが,ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」をコンセプトとし,九州には,美味しい食,温泉,豊かな自然,歴史,そしてホスピタリティマインドがあふれていることから,今回のD&S列車は,そうした九州の魅力を詰め込んで,九州を元気にするために走るものとしている.
 列車名の「36ぷらす3」には,「世界で36番目に大きい島,九州全県を巡る同列車が,5つのルートに,九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで,乗客をお迎えし,全ルート楽しんで,乗客自身に『36番目のエピソード』を語ってもらう」という想いや「この列車で,驚き,感動,幸せをお届けし,『お客さま,地域の皆さま,私たち』でひとつになって,39(サンキュー!)=感謝の輪を広げていく」という想いが込められている.

JR九州,787系によるD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020年秋から運転開始

 運転は,日中の時間帯とし,年間45週程度を予定.ルートは,木曜に博多→熊本→鹿児島中央(肥薩おれんじ鉄道経由),金曜に鹿児島中央→宮崎,土曜に宮崎空港・宮崎→大分・別府,日曜に大分・別府→(門司港)→小倉→博多,月曜に博多→佐賀→長崎/長崎→佐賀→博多とし,曜日単位で乗車できるものとする.なお,列車には宿泊設備を備えず,乗降は,ルートに記載の各駅を予定している(門司港駅を除く).
JR九州,787系によるD&S列車『黒い787「36ぷらす3」』を2020年秋から運転開始

 車両は,787系電車(6両編成)を改造し,JR九州では初となる,電車によるD&S列車となる.全席グリーン車で,定員は100名程度を予定している.また,かつて人気を博した「ビュッフェ」も復活する予定で,車内サービスや車両構成のほか,ダイヤ,運転日,販売方法,サービス概要の詳細などは決まり次第発表される.