×

大井川鐵道 奥大井湖上駅でカフェ事業を開始

access_time
2019年11月21日掲載
大井川鐵道 奥大井湖上駅でカフェ事業を開始

株式会社Arinosでは,大井川鐵道井川線の奥大井湖上駅でカフェ事業を開始したと発表した.

 これまで中小企業向けに経営改善・業務改善を多く手がけてきたArinosでは,奥大井湖上駅が「COOL JAPAN AWARD」の受賞や,秘境駅としてSNSでの情報拡散により注目を集めつつも,観光客増加にともない,地域資源の活用・インフラの整備・地域の魅力発信・組織体制の強化に本腰を入れて実施する必要があるとした.一方で,現状,観光客の属性を把握できるデータ(どこから,誰が,どのような媒体を見て来ているかなど)が少なく,具体的な観光PRのための施策が打ちづらい状況であった.また,奥大井湖上駅には飲食や物販をする場所がなく,観光客が満足して帰ってもらうためのコンテンツの用意が急務であるとした.
 これらの状況を踏まえ,「観光客満足度の向上」・「観光客データの収集(属性,人数,来訪のきっかけ)」・「川根本町観光PRのためのプラットホーム化」・「新たな事業の創出(キャッシュポイントの設置)」の5点を目的に奥大井湖上駅に隣接するコテージでカフェを開始することとなった.

大井川鐵道 奥大井湖上駅でカフェ事業を開始

 提供メニューは,地元の特産物や静岡産のものを使うことを意識したメニューとし,ドリンクにはゆずを使用したハイボールやソフトドリンク,紅茶などを提供.フードについても原木しいたけ焼きやソーセージ盛りのほかチーズケーキなども提供している.
 今後は,観光客へのアンケートを2019(令和元)年12月末までに実施し,集計・分析する.その後,観光PR施策を町役場や観光協会と検討し,施策の実行を目指すとしている.また,奥大井湖上駅をプラットホームとした大井川鐵道や旅行代理店との連携を強化する.このほか,大井川鐵道で毎年11月末から3月に開催される「星空列車」イベントで,星空のもとで楽しめる飲食の提供も行なうとしている.

写真はいずれも株式会社Arinos提供