JR東日本,12月7日から横浜駅西口新設地下連絡通路の供用を開始

JR東日本,12月7日から横浜駅西口新設地下連絡通路の供用を開始

JR東日本横浜支社では,新設工事を実施している横浜駅の西口新設地下連絡通路について,2019(令和元)年12月7日(土)5時30分から供用を開始すると発表した.

JR東日本,12月7日から横浜駅西口新設地下連絡通路の供用を開始

 地下連絡通路は,横浜駅中央通路と西口地下街(ジョイナス)をつなぐ通路で,開通により,地上を介した上り下りをせずに,横浜駅中央通路と西口地下街を移動することが可能となる.また,横浜駅中央通路と西口地下街との約2mの高低差は,この地下連絡通路内に設置する階段・エスカレータ(2基/上り・下り)・エレベータ(1基)により解消され,同時にバリアフリー化を図る.

写真はいずれもJR東日本のニュースリリースから