×

東京メトロ,2020年1月3日から銀座線渋谷駅新駅舎の供用を開始

渋谷駅

東京地下鉄(東京メトロ)では,2020(令和2)年1月3日(金)の始発から,銀座線渋谷駅新駅舎の供用を開始すると発表した.

渋谷駅

 現在渋谷駅では,渋谷駅街区基盤整備にあわせて2009(平成21)年から駅移設工事を進めており,3回目となる線路切替工事とホーム移設工事を2019(令和元)年12月27日(金)夜から2020(令和2)年1月3日(金)早朝にかけて実施し,工事後の1月3日(金)の始発から,新駅舎の供用を開始する.

渋谷駅

 新駅舎は,明治通りの上空・渋谷駅東口駅前広場の正面という渋谷のメインエリアに位置していて,変化し続ける渋谷の近未来的な要素を取り入れつつ,地上から見上げた時に駅舎の圧迫感を感じさせない外観とする.内観は,屋根をアーチ構造にすることで,柱のない広々としたホーム空間を実現.ホーム幅も約6mから約12mに拡幅される.さらに,駅舎内の仕上げは白で統一することで,明るい空間を演出する.

渋谷駅

 供用開始後の銀座線と副都心線・東急東横線との乗換えについては,明治通り方面改札から,渋谷ヒカリエ内のエレベータ・エスカレータを経由するルートとなる.また,銀座線と半蔵門線・東急田園都市線・JR線・京王井の頭線との乗換えについては,渋谷スクランブルスクエア方面改札から,乗換通路または現降車ホームを経由するルートとなる.トイレは,明治通り側の2階に設置した多機能トイレと一般トイレが利用可能となる.バリアフリールートは,渋谷スクランブルスクエア東棟のエレベータを利用することとなる.このほか,供用開始後の2020(令和2)年度内に,ホームドアの設置や,銀座線のホームから地上までのエレベータ設置,ホーム上に一般トイレを整備する.

渋谷駅

 第3回線路切替工事・ホーム移設工事の事前作業として,運行に影響がない位置でホームと軌道を設置しており,運休時には,前半3日間の工事で線路を撤去し,新しい線路をつなぎ,後半3日間の工事でホームを新設し,列車運行に必要な設備を設置する.また,工事期間中の2019(令和元)年12月28日(土)始発から2020(令和2)年1月2日(木)終車までの間は,表参道—青山一丁目間,と溜池山王—浅草間で折返し運転が実施される.
 なお2020(令和2)年1月3日(金)からは,平日と土曜日・休日ダイヤで一部列車の運転時刻を変更するダイヤ改正を実施する(詳細については,別途東京メトロWEBサイトで発表).また事情により,工事期間が2019年12月28日(土)から2020(令和2)年1月4日(土)に変更となった場合は,1月4日(土)始発からダイヤ改正と新駅舎の供用を開始する.

写真:いずれも東京メトロ提供