東京メトロ銀座線,年末年始に渋谷駅付近で線路切替・ホーム移設工事を実施 1月3日から渋谷駅新ホームの供用開始

東京メトロ1000系

写真:東京地下鉄1000系  目黒義浩撮影  中野車両基地にて  2011-10-5(取材協力:東京地下鉄)

東京地下鉄(東京メトロ)は, 銀座線渋谷駅移設にともなう線路切替・ホーム移設工事を2019(令和元)年12月28日(土)〜2020(令和2)年1月2日(木)の6日間に実施すると発表した.

新ホーム共用開始

写真:建設が進められている銀座線渋谷駅の屋根アーチ  百々貴俊撮影  渋谷にて  2019-2-7(取材協力:東京地下鉄)

 この工事期間中,銀座線は,渋谷—表参道間・青山一丁目—溜池山王間が終日運休となり,表参道—青山一丁目間・溜池山王—浅草間で折返し運転を実施する.また,東京メトロ,都営地下鉄,JR東日本,各私鉄にて振替輸送を実施する.
 渋谷駅では,渋谷駅街区基盤整備にあわせて駅移設を進めており,新しいホームは現在の位置から表参道方面へ約130m移設し,明治通り上空に新設される.

東京メトロ銀座線,年末年始に渋谷駅付近で線路切替・ホーム移設工事を実施

▲年末年始に行なわれる工事の概要イメージ(東京地下鉄のニュースリリースから)

 今回の工事では,浅草方面行きの線路を北側へ,渋谷方面行きの線路を南側へそれぞれ移設し,空いたスペースに新しいホームを築造する.工事終了後の2020(令和2)年1月3日(金)からは,新ホームの供用が開始される.新しいホームは島式となり,これまでの乗車用と降車用の区別をなくす.現在のホームよりも拡幅されることから,混雑緩和が図られる.
 なお,2020(令和2)年度には,ホームドアの設置工事が行なわれる予定.