×

JR東海の次期特急形気動車はHC85系に
〜シンボルマークも決定〜

JR東海の次期特急形気動車はHC85系に

JR東海は,特急“ひだ”・“南紀”に使用している85系気動車の取替えに向けて開発を進めているハイブリッド方式の次期特急形気動車について,形式をHC85系とすると発表した.

 「HC」は,エンジンで発電した電力と蓄電池の電力とを組み合わせ,モータを回して走行するハイブリッド方式の車両(Hybrid Car)であることを表し,1989(平成元)年の導入以降,30年以上に活躍してきた従来の85系気動車から,技術革新したハイブリッド方式の85系という意味を込めて,「HC85系」と名付けられた.

HC85系ロゴマーク

 HC85系は,安全性・快適性の向上や環境負荷の低減などを図りつつ,ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km/hでの営業運転を目指しており,シンボルマークのデザインは,車両の特徴を色と形状で表現したものとなる.特急“ひだ”・“南紀”が走行する飛騨・南紀の沿線の紅葉や海を赤と青の2色で表現し,対比する2色のグラデーションがハイブリッド方式を,車両の外観の帯に合わせた3本の流線形状がスピード感を表わす.このシンボルマークは先頭車両側面に1ヵ所ずつ,1編成あたり4ヵ所に配置される.

HC85系ロゴマーク

 HC85系の試験走行車は2019(令和元)年12月に完成し,1年間を目途にハイブリッド技術の確立に向けた基本性能試験,長期耐久試験などを行なったあと,その試験結果を踏まえて,量産車を2022(令和4)年度を目標に投入する予定.

写真はいずれもJR東海のニュースリリースから