×

キヤノン,「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を11月21日に発売

access_time
2019年10月24日掲載
キヤノン,「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を11月21日に発売

 キヤノンは, 「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を2019(令和元)年11月21日(木)に発売します.
 「RF70-200mm F2.8 L IS USM」は,描写性能や操作性, 堅牢(けんろう)性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズです.大口径マウントとショートバックフォーカスを生かし, カメラ側の撮像面近くに大口径レンズを配置して光学系を小形化するとともに, 全長が変わるズームタイプの採用と非球面レンズ2枚の効果的な配置により, フルサイズセンサ搭載のレンズ交換式カメラ用焦点距離70-200mm, 開放F値2.8のレンズとして, 世界最短・最軽量を実現しています.
 撮影距離に応じてレンズを動かすことで収差を補正するレンズであるフローティングレンズと,フォーカスレンズの2つのレンズ群を, 2つの超音波モーター「ナノUSM」で個別に駆動して最適制御する,電子式フローティングフォーカス制御をキヤノンとして初めて採用し,ズーム全域で最短撮影距離0.7mを達成するとともに, 静止画撮影時の高速AFと動画撮影時の滑らかなAFを実現しています.
 オープン価格でキヤノンオンラインショップにおける販売価格は,310000円(税別)となっています.