トミーテック,キハ183系特急“ニセコ”を製品化

access_time
2019年10月3日掲載
トミーテック,キハ183系特急“ニセコ”を製品化

トミーテックは,JR北海道キハ183系の特急“ニセコ”をNゲージで製品化すると発表しました.
 特急“ニセコ”は,初秋に運転される札幌—函館間の臨時特急で,かつての急行“ニセコ”と同様、函館本線の小樽経由(通称「山線」)で運転され、トレインマークも14系客車時代のイラストタイプを使用しています.
 製品は「限定品 JR キハ183系特急ディーゼルカー(ニセコ)セット」として,2018(平成30)年秋に運転された貫通形先頭車キハ183系1500番台2両(トイレ付き・トイレなし)と,キハ182系500番台で唯一“とかち”色の512号車が入った3両編成が再現されます.トレインマークは印刷済み「ニセコ」を装着済みとし, 交換用トレインマークには「ふらのびえい」「臨時」が収録されます.
 また,先頭車キハ183系の運転台側はTNカプラーを装備し,両先頭車で異なるスカート色(キハ183-1501:青色/キハ183-1505:灰色)と各社異なる座席シート色も再現されます.
 発売予定は2019(令和元)年12月で,発売価格は13600円(税抜)です.
※詳しくは,製品情報のページ(トミックスWEBサイト)をご覧ください.