広島電鉄,市内線ICカード再乗車サービスを開始

access_time
2019年10月3日掲載
広島電鉄 1000形

写真:広島電鉄1000形  編集部撮影  江波車庫にて  2013-3-4(取材協力:広島電鉄)

広島電鉄では,ICカード利用者を対象とした「市内線ICカード再乗車サービス」を開始したと発表した.

広島電鉄,市内線ICカード再乗車サービスを開始

 これは,市内線全電停において,降車後60分以内に降車した電停から後戻りにならない乗車に限り,ICカードからの引き去りなしで再乗車が可能となるサービス.再乗車が可能となることで,市内線を利用者の利便性向上を図る(白島線降車後の本線乗車時は,両運賃の差額運賃を引き去る).
 ICカードは,広島圏の「PASPY」のほか,全国相互利用ICカード「Kitaca,PASMO,Suica,manaca(マナカ),TOICA,PiTaPa,ICOCA,はやかけん,nimoca,SUGOCA」でサービスが利用できる.

広島電鉄,市内線ICカード再乗車サービスを開始

 なお,現金利用や,すべての乗降時にカードリーダーへタッチしていない場合,宮島線内で降車・再乗車の場合,降車した電停と異なる電停から再乗車した場合(紙屋町東・紙屋町西・本通の3電停は同一電停とみなす),全国相互利用ICカードでの複数名乗車や乗務員操作が必要な場合はサービスの対象外となる.

写真:特記以外は広島電鉄WEBサイトから