×

京成AE形AE9編成が甲種輸送される

access_time
2019年8月26日掲載
京成AE形AE9編成が甲種輸送される

日本車輌製造豊川事業所で製造された京成電鉄AE形AE9編成が,2019(令和元)年8月25日(日),豊川から越谷貨物ターミナルまで甲種輸送されました.けん引機は,豊川—西浜松(貨)間が愛知機関区所属のDE10 1723,西浜松(貨)—越谷貨物ターミナル間は新鶴見機関区所属のEF65 2087でした.
 京成電鉄では,次回のダイヤ改正で“スカイライナー”を増発する予定で,これに対応するため,今回9本目の車両として製造されたものです.AE形は成田スカイアクセス開業時に8連8本が導入されており,日本車輌でAE形が製造されるのは約9年ぶりとなり,沿線や駅には多くの鉄道ファンが集まりました.

写真:豊川—三河一宮間にて 2019-8-25
投稿:廣島 一貴