JR西日本,新大阪—奈良間に臨時ノンストップ特急“まほろば”号運転

JR西日本287系「くろしお」

JR西日本では,おおさか東線開業により奈良方面のアクセスが向上したことと,秋の行楽シーズンにあわせて,新大阪—奈良間に臨時ノンストップ特急“まほろば”号運転すると発表した.
 列車名の“まほろば”は,奈良を想起させる美称として広く認知され親しまれていることや,「素晴らしい場所」・「住みやすい場所」という意味であり,奈良の魅力を表現していることから採用された.
 運転日は,2019(令和元)年11月から12月上旬までの土曜・休日を中心に計13日間とし,新大阪—奈良間を,おおさか東線経由で1日1往復する.運転時刻は上りが新大阪10:03発→奈良10:53着,下りが奈良16:56発→新大阪17:47着で,途中駅には停車しない.使用車両は287系の3両編成で1・2号車は指定席,3号車は自由席となる.指定席特急券料金は新大阪—奈良駅間を利用の場合,大人1名あたり1730円(通常期・消費税改定後(届出予定)の料金)で,別途乗車券が必要.
 また,九州・山陽エリアからの利便性を考慮し,新幹線との接続(上り:“のぞみ”6号,“さくら”540号/下り:“のぞみ”45号,“さくら”569号)も実施する.
 さらに,特急“まほろば”号の運転にあわせて,同列車を組み込んだツアー商品の販売や沿線・車内でのおもてなし,地域のPRイベントなども実施される.

写真:JR西日本287系  編集部撮影  近畿車輛株式会社 本社にて  2011-8-4(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

※写真はイメージです.