JR西日本,鶴橋駅で「可変案内サイン」と「駅空間の演出」の実証実験を実施

JR西日本 323系

写真:JR西日本323系  編集部撮影  近畿車輛株式会社 本社にて  2016-6-24(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

JR西日本は,大阪環状線 鶴橋駅において,可変案内サインと駅空間演出の実証実験を実施すると発表した.

 これは,同社が2023(令和5)年春に開業を予定している『(仮称)うめきた(大阪)地下駅』を,「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する駅と位置づけるとともに,「『あなた』が笑顔になる駅」をコンセプトに検討を進めており,同駅におけるサービス提供の実現に向けた可能性を検討するため,実証実験を行なうこととなった.
 実験は,「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催会場である「東大阪市花園ラグビー場」へ向けた近鉄電車との乗換駅であり,多くの利用客が見込まれる大阪環状線 鶴橋駅の外回りホーム近鉄電車乗換改札口と中2階コンコースで行なう.

デジタルサイネージを活用した「可変案内サイン」の設置予定個所

▲デジタルサイネージを活用した「可変案内サイン」の設置予定個所

 「可変案内サイン」については,鶴橋駅外回りホーム 近鉄電車乗換改札口にデジタルサイネージを活用した案内サインを設置する.多言語かつさまざまな表現で,乗換口や出口を案内することで,駅構内における効果的な情報提供の手法を検証する.

プロジェクションマッピングを活用した「駅空間の演出」イメージ

▲プロジェクションマッピングを活用した「駅空間の演出」イメージ

「駅空間の演出」は,鶴橋駅 中2階コンコースにおいて,プロジェクションマッピングを活用した空間演出を行なう.プロジェクションマッピングの利用客への印象などを確認することにより,駅構内のスペースを活用した空間演出の手法を検証する.
 実験期間は,2019(令和元)年8月12日(月休)から2020(令和2)年1月ごろまでを予定しており,期間中は始発から終電の時間帯まで実施される.

特記以外の写真はJR西日本のニュースリリースから