JR四国2700系,8月6日から特急“うずしお”などに順次投入
9月28日からは特急“南風”にも導入

JR四国2700系が公開される

JR四国では,新形特急気動車2700系について,2019(令和元)年8月6日(火)以降,順次営業運転に投入すると発表した.
 2700系は,現在使用している2000系の後継車両として開発されたもので,背もたれと連動して座面が前方にスライドする腰掛けや各座席にコンセントを設置し,モバイルパソコンなどの利用を考慮して,テーブルの大形化を図っている.さらに,「JR四国無料公衆無線LANサービス」にも対応(9月28日から利用可能)したほか,車いすスペースや車いす対応多機能トイレを設置し,バリアフリーにも対応している.今回営業運転に導入されるのは,グリーン車・普通車の合造車2両,普通車14両の合計16両となる.
 8月6日(火)から9月27日(金)までは,2700系で運転される日は限定されたものとなり,8月6日(火)からは高徳線の特急“うずしお”の一部,9月3日(火)からは土讃線の特急“しまんと”・“あしずり”の一部が2700系で運転される.9月28日(土)からは,定期運用となり,土讃線の特急“南風”・“しまんと”・“あしずり”と高徳線の特急“うずしお”の一部が2700系による運転となる.
 営業運転開始にあわせて,8月6日(火)には高松駅で出発式が開催される.また,9月28日(土)には特急“南風”への導入を記念して,高知駅と岡山駅で出発式がそれぞれ開催される予定.さらに,土讃線導入を記念し,営業運転開始より一足早く2700系に乗車できる先行乗車ツアーが販売される.

写真:JR四国2700系  編集部撮影  多度津工場にて  2019-1-23(取材協力:JR四国)