都営大江戸線で,7月31日から「子育て応援スペース」を設置した車両の運行を開始

都営大江戸線で,7月31日から「子育て応援スペース」を設置した車両の運行を開始

東京都交通局では,2019(令和元)年7月31日(水)から,都営大江戸線で「子育て応援スペース」を設置した車両の運行を開始すると発表した.

 これは,小さな子どもを連れた利用者が気兼ねなく乗車できるよう,試験的に都営大江戸線車両3編成の3号車と6号車のフリースペース(計6ヵ所)に設置するもの.スペース周辺は,人気キャラクター「きかんしゃトーマスとなかまたち」を使用した装飾を施して周囲の乗客にもわかりやすくするほか,小さな子どもを連れた乗客だけでなく,お年寄りや車椅子利用者なども利用できるとしている.
 「子育て応援スペース」を設置した車両の運行時刻については,整備などの関係から日々異なるため,東京都交通局WEBサイトで確認できるようにする.

写真は東京都交通局のニュースリリースから