×

シグマ,新開発のミラーレス専用高性能レンズシリーズを発表
7月下旬から8月下旬に発売

access_time
2019年7月19日掲載
シグマ,新開発のミラーレス専用高性能レンズシリーズを発表

シグマは,新開発のミラーレス専用高性能レンズシリーズとして「SIGMA 45mm F2.8 DG DN|Contemporary」・「SIGMA 35mm F1.2 DG DN|Art」・「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN|Art」を発売します.

「SIGMA 45mm F2.8 DG DN|Contemporary」

 「SIGMA 45mm F2.8 DG DN|Contemporary」は,Contemporaryのコンセプト「最適バランスの追求」を具現化した標準レンズで,常用レンズにふさわしいベストバランスを実現しています.比較的小形なフルサイズミラーレスカメラとの組み合わせを想定し,持ち運びしやすいサイズと高い光学性能とのバランスを取ることで,常用単焦点レンズとしての使いやすさを追求しています.対応マウントはLマウントとソニーEマウントで,ともに2019(令和元)年7月26日(金)に発売されます.希望小売価格は75000円(税別)となっています.詳しい情報はシグマのWEBサイトをご覧ください.

「SIGMA 35mm F1.2 DG DN|Art」

 「SIGMA 35mm F1.2 DG DN|Art」は,「最高画質の追求」をさらに先鋭化させ,開放値F1.2を実現した「ミラーレス時代のArtライン」広角レンズです.フルサイズのLマウント,およびソニーEマウントに対応したAFレンズとしては初めてとなる,開放値F1.2の広角レンズです.「最高画質の追求」というArtラインの開発コンセプトをさらに先鋭化させ,カメラ内の光学補正機能も活用しつつ,後処理が困難な収差は光学設計により徹底的に補正し,解像感を高めています.Lマウント対応とソニーEマウント対応のどちらも2019(令和元)年7月26日(金)に発売されます.希望小売価格は190000円(税別)となっています.詳しい情報はシグマのWEBサイトをご覧ください.

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN|Art」

 「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN|Art」は,ミラーレスに最適化した最新設計による究極の大口径超広角ズームレンズです.ショートフランジバックの特性を活かし,ボディの小形化と,これまでにない高画質を両立させた,新時代の大口径ズームレンズとなっています.対応マウントはLマウントとソニーEマウントで,ともに2019(令和元)年8月下旬に発売される予定です.希望小売価格は190000円(税別)となっています.詳しい情報はシグマのWEBサイトをご覧ください.