8月1日から『都電納涼号』運転

8月1日から『都電納涼号』運転

東京都交通局は,夏休み企画として,都電荒川線(東京さくらトラム)で『都電納涼号』を運転すると発表した.
 使用車両は9000形9002号(青いレトロ車両)で,ヘッドマークを装着し,車内全体および側面の一部に夏をイメージした装飾を行なう.運転期間は2019(令和元)年8月1日(木)から30日(金)までの間で,車両の運転状況はパソコンやスマートフォンなどから「都電運行情報サービス」を使用して検索することができる.
 また,同じく8月1日(木)から30日(金)までの間,都営交通案内所「三ノ輪橋おもいで館」と,三ノ輪橋停留場周辺の「都電カフェ」・「ゆる鉄画廊」がコラボレーションし,指定のフリー乗車券の提示によるプレゼントや,店舗での割引が受けられる夏休み特別企画を実施する.なお今回のタイアップでは,PASMO,Suicaに付加された都電IC一日乗車券や,都営バスの一日乗車券は対象外となる.

写真:2018(平成30)年の「都電納涼号」の外観(東京都交通局の報道発表から)