住友商事・総合車両製作所,フィリピン 南北通勤鉄道向け鉄道車両104両を受注

access_time
2019年7月16日掲載
住友商事・総合車両製作所,フィリピン 南北通勤鉄道向け鉄道車両104両を受注

住友商事と総合車両製作所は,フィリピン共和国運輸省(以下:DOTr)から南北通勤鉄道事業フェーズ1(マニラ市ツツバン—ブラカン州マロロス区間)の車両納入パッケージCP03(南北通勤鉄道向け鉄道車両104両納入プロジェクト)を受注し,2019(令和元)年7月16日(火)に契約調印したと発表した.

 フィリピンは近年,経済成長率6~7%で推移しており,ASEAN諸国の中でも高い経済成長を誇るが,人口は1億人を超え(世界第12位),中でもマニラ首都圏の人口急増は著しく人口集中による交通渋滞は深刻な状況となっている.

住友商事・総合車両製作所,フィリピン 南北通勤鉄道向け鉄道車両104両を受注

 このプロジェクトは,マニラ首都圏の交通ネットワーク強化を実現し,交通渋滞の緩和を図ることを目的とし,国際協力機構とフィリピンとの有償資金協力に基づき計画された日本国政府開発援助事業として実施される.契約では,マニラ首都圏と周辺都市を南北に結ぶ「南北通勤鉄道計画」のうち,マニラ市ツツバンと北方のブラカン州マロロス区間(約38km)を走る鉄道車両104両(8両×13編成)を設計・製造し,DOTrに納入する.契約金額は約250億円で,2023(令和4)年2月に全車両を引き渡す予定.
 住友商事は,これまでに国内外で積極的に鉄道関連ビジネスを展開し,東南アジア,米国,東アジアを中心に数多くの鉄道建設案件,車両輸出案件を手掛けてきたことから,本プロジェクトでも着実かつスムーズな契約履行を推進していくとしている.また,総合車両製作所は,ステンレス車両製造のパイオニアとして長年培ってきた技術・ノウハウを結集した次世代ステンレス車両ブランドである「sustina(サスティナ)」を国内外で積極的に展開・納入してきており,本プロジェクトでも,「sustina」を提供することで,フィリピンの交通渋滞の緩和や地域の発展に寄与するものとしている.

写真はいずれも住友商事提供